本当にキレイを目指す生活をしていますか?

キレイになりたい!
と強く思っている感じの人は大勢います。

しかし、その生活は比例していますか?
その思いとは裏腹に、毎日お菓子や脂っこいものばかりを食べ、
運動もろくにせず、寝不足...
というような生活を送っていませんか?

それは、
出世したい!と言いながら
特に勉強もせず、最大限の努力をしていない社員に似ています。

また、
出所したい!と思いながらも脱獄しようとしない囚人でしょうか。
これはちょっと違いますね。

これらには共通点があります。

それは、心のどこかで「どうせ無理だろう」
と思っていることです。

この「無理だろう」というのは非常に厄介です。
なぜならば、そのせいで行動が本気になれないからです。

また、プラシーボも得られません。
プラシーボが大きいという話もしましたよね。


「でも、心の底から治ると信じ切って治らなかった場合、
かなり絶望しますよね?」


そうかもしれません。でもそれでいいじゃないですか。

オリンピック選手も全力を尽くしているので、
負けたら泣きます。

泣けばいいのです。
全力で行って、ダメだった場合は泣けばいいのです。

何も今までの全てが否定されるわけではありません。

だからこそ、とりあえず信じ切ってみましょう。
たまには自分を信じてはいかがでしょうか。

皮膚科は対して何もできない
(C) ぷり肌自慢 All rights reserved.