ゼロに出来ないことを理解

ニキビを始めとする肌あれでお悩みの方であれば分かるかもしれませんが、
ニキビが慢性的に顔に存在することに気付いて、
改善しようとし始めると、かなりの長期戦になります。

実際、今まで何年もいろんなものを試してきたのではないでしょうか?

しかし、何を試しても芸能人のようなキレイな肌は手に入らない...
もう無理なのでは?そう思ってしまうのも無理はありません。

でも、それでいいのです。
ゼロにすることは、一旦不可能だとあきらめましょう。

肌は精神的なストレスによって簡単に荒れてしまいます。

ニキビで悩んで、ずっとそのことばかり考えていては、
更にニキビを触るようになり、どんどん肌も荒れてにきびも増えます。

でしので、もし自分の肌について考えたい場合、
ニキビでは、無く、まだかろうじて残っている「白い方」の肌を応援しましょう。

「あれ?今日ちょっと白いとこが多い」とかそんな感じです。

大人ニキビであれば頬の周りにニキビがあるでしょうから、
そこを両手で隠して鏡を見てください。

そこには白い肌ばかりのあなたの顔です。

でこや鼻など、現時点でニキビが無いところしか見えないので、
その手で隠している中も白いのではないか、と脳が錯覚しているのです。

脳を錯覚させることがプラシーボ治療でもかなり有効な手段のひとつです。

皮膚科は対して何もできないニキビを減らすサプリ
(C) ぷり肌自慢 All rights reserved.