バストアップクリームの効果が出ない人の改善策

これまでのバストアップ方法といえば、豊胸手術やプラセンタ注射など、美容外科で行うものが主流でしたが、病院へ通わなくても手軽に胸を大きくできるバストアップクリームというものがあるのをご存知でしょうか?

このようなバストアップクリームには、マッサージをしながら塗るだけで、胸にハリが出て膨らみが増すという効果が期待できるのですが、期待だけできても実際に効果が出ないと意味が無いですよね。そんなバストアップクリームの効果を出すコツをご紹介します。

バストアップクリームの効果を出しやすくするための一番のポイントは、「成長ホルモン」をしっかりと出すことです。バストアップクリームは体の機能を活かすことで効果を発揮します。

成長ホルモンを十分に出すために必要なことは、睡眠時間の確保です。十分な量の成長ホルモンを出すには6〜7時間は眠っていなければならないとされています。ただ、生活が乱れやすい現代人は、眠りたくても眠れないという人が少なくありません。

うまく寝付きやすくするには、お風呂はシャワーではなく、湯船に浸かることです。湯船に浸かり、全身の血行を良くすることで体を緊張させる交感神経からリラックスさせる副交感神経に切り替える効果があり、質の良い睡眠が捕れると言われています。

バストアップクリームの効果がなかなか実感できないという人は、睡眠を見なおしてみると良いかもしれません。

(C) ぷり肌自慢 All rights reserved.